参拝の仕方

お寺の“マナー”を簡単に書いとくで!

何も知らんとずかずか入るより、ちょっと知ってほうがえーやん。

強制やないけど知識として。

1.山門

門前で合掌、一礼して境内に入る。

ちょっとストップストップ!お寺やからと言って黙って入らないようにな。

まずは身なりを整えて、これからお参りさせて頂きますと、まずはご挨拶しよう。

友達の家に入る時も黙って入る人はいないよね?

それと同じと考えればいいんとちゃうかな?作法とか大袈裟なもんじゃなくて、マナーやね。

あとは敷居は踏まずにまたいで、右足から入ろう。

2.水屋

手と口を清める

柄杓(ひしゃく)を右手で持って水を汲もう。

この一杯で全て済ませるので、配分には気をつけて。手を洗うって言うよりお清めやからね。

昔は川とかでしていた禊の代わりやから。

まずは左手に水を掛け、柄杓を持ち替えて次に右手に水を掛けて清めます。

もう一度、右手に柄杓を持ち替えて、左手に水を溜めて、その水で口をゆすぎます。

決してガラガラうがいしたり、柄杓に口をつけたらあかんで!

口をつけるのはビールジョッキだけにしとこ。

口をゆすぎ終わったら、再び左手を清めた後に両手で柄杓を持って手前に傾けて、柄の部分を清めてから、元に戻そう。

3.鐘楼堂

鐘を二度突く。社寺によってはつけないところもあります。

早朝などは避ける。近隣に配慮を。

4.本堂

納礼を収める。本堂の前に設置されている納札箱に入れます。

5.本堂

灯明(ロウソク)・線香をあげる。(奥から立てるのが礼儀)

他人のロウソクから火を点けない、その人の「業」をもらうとされてります。灯明は1本、線香は三密を表す3本あげます。

6.本堂

お賽銭をあげる。

7.本堂

納経する(お経を納める)

8.太師堂

納札を納める。大師堂の前に設置されている納札箱に入れます。

9~11.大師堂

5~7と同様

12.納経所

納経の証として、納経帳に黒書・ご朱印を頂く。

受付時間は7時~17時まで。納経料…納経帳:300円、掛軸:500円、白衣:200円

13.山門

門前で合掌、一礼